2015年4月21日火曜日

小山市市民活動センター公式フェイスブックページ運用要領

小山市市民活動センター公式フェイスブックページ運用要領
平成27年4月1日

目 的
第1条 この要領は、当センター(小山市市民活動センター)が開設するフェイスブック(Facebook)におけるセンター公式ページ(フェイスブック上の当センタートップページ以下の一連のページ)で、情報(当センター等に関する様々な提供情報)を即座に発信するための必要な事柄をルールとして定めるものです。

アカウント
第2条
フェイスブック上における当センターのアカウント(独占的に代表する名称とその表示)は、公式ページの担当職員(フェイスブックの運用に従事する職員)が取得します。また、取得したアカウントは、公式ページを使って情報を発信する際に使用します。
第3条
アカウント取得に使用するメールアドレスは、当センターで管理するメールアドレスとします。
第4条
パスワードは、フェイスブックおよび当センターのセキュリティポリシーに基づき定めます。

運営主体
第5条
公式ページの運営主体は当センターとし、公式ページの管理、情報の発信は担当職員他が行います。
第6条
公式ページを運営するにあたって、情報の作成、発信、更新の決定及び公式ページ管理者の選定は、センター長(当センターの施設長)が行うこととし、公式ページ管理者は、情報の作成、発信、更新にかかる事務を行います。
第7条
公式ページのアドレス(公式ページの番地表示部)はできる限り第3者にとって判別しやすさを考慮して(facebook.com/oyamarle(※取得できれば))とします。

情報発信
第8条
情報の発信は、センター長の指示のもと担当職員もしくはセンター長が公式ページから行うものとします。

掲載内容
第9条
 公式ページには、次に掲げる情報を掲載します。
(1)当センターホームページに掲載したコンテンツ(情報)の表題や概要、リンク等の情報
(2)当センターから何らかの手段で区民や利用者の方々に提供した情報
(3)安全・安心情報メールなど区や当センターのメール配信システムで発した情報
(4)その他、センター長が適当と認めた情報

メールアドレス、パスワードの管理
第10条
公式ページの管理にかかるアカウントのメールアドレス、パスワードは担当職員が取扱い、当センター外には開示しません。

意思決定
第11条
情報の発信は、原則としてセンター長の決裁を必要とする事柄としていますが、フェイスブックの特性や情報の発信の即時性を考慮し、事前にセンター長の判断を得ているケースや話題に関しては担当職員が情報を発信できるものとします。

コメント機能利用の原則禁止
第12条
当センター以外のフェイスブックページ、アカウントへのコメントは原則として行いません。また、当センター公式ページにおける投稿に対するコメント(意見や反応等)についても原則として返信コメントをしません。
ただし、次の場合は例外とします。
(1) 当センターの行事開催に関する問合せに対する下記のような具体的事実の回答
(ア) 日付、
(イ) 時間、
(ウ) 場所、
(エ) 情報源、
(オ) 担当職員名、
(カ) 登壇講師名やプロフィール、
(キ) 行事への携行品、
(ク) 注意事項
(ケ) その他
(2) 市内外のNPO法人、市民活動団体、他県市の市民活動支援施設、公共団体(行政)、および市内の公共施設による行事や行為についての問合せ等のやりとりにおける下記の具体的事実の回答
(ア) 日付、
(イ) 時間、
(ウ) 場所、
(エ) 情報源
(3) その他、センター長が特に必要と認める事柄

シェア機能使用の原則禁止
第13条
当センター以外のフェイスブックページ、アカウントへのシェア機能は原則として使用しません。
ただし、次の場合は例外とします。
(1) 市内外の市民公益活動やNPO法人共通の利害にかかわる下記の情報
(ア) 補助金、
(イ) 財団助成、
(ウ) 催事、
(エ) その他の市民活動支援に資する情報
(2) 他県市の市民活動支援に関する情報
(3) その他、特にセンター長が必要と認める場合

「いいね」機能使用に関する制限
第14条
当センター以外のフェイスブックページ、アカウントへのシェア及び「いいね」機能は原則として使用しません。
ただし、次の場合は例外とします。
(1) 市内外の市民公益活動団体やNPO法人の行事や団体自身に関する、下記の具体的な基本情報
(ア) 日付、
(イ) 時間、
(ウ) 開催場所や所在地、
(エ) 情報源、
(オ) 担当者、
(カ) 連絡方法
(2) 他県市の市民活動支援情報、市内外の公共団体が発する情報
(3) その他、特にセンター長が必要と認める情報

当センターのホームページへの表示
第15条
当センターは、公式ページを当センターのホームページ上に記載して、フェイスブックを利用していること自体を発信するとともに、いわゆる「なりすまし」ではないことを証明します。
第16条
当センターは、この運用要領をセンターのホームページ上に記載して、第12条及び第13条で定めた「コメント」「シェア」「いいね」の3つの機能利用を制限していることを明示します。

なりすましへの対応
第17条
当センターは、なりすましを発見した場合は、当センターのホームページ等においてその旨を発信し、フェイスブックのなりすましページが存在する事態への注意喚起を行います。

投稿の削除
第18条
一般ユーザーによる以下のような投稿を禁止します。またコメント欄およびウォールにおけるタイムラインにこうした投稿を見つけた場合には当センターは予告なく削除します。
(1) 法令等に違反する内容、または違反するおそれがある内容
(2) 特定の個人・団体等を誹謗中傷する内容
(3) 政治、宗教活動を目的とする内容
(4) 著作権、商標権、肖像権など、当センターまたは第三者の知的所有権を侵害する内容
(5) 広告、宣伝、勧誘、営業活動、その他の営利目的の内容
(6) 人種・思想・信条等の差別または差別を助長させる内容
(7) 公の秩序または善良の風俗に反する内容
(8) 虚偽や事実と異なる内容及び単なる噂や噂を助長させる内容
(9) 本人の承諾なく個人情報を特定・開示・漏えいする等プライバシーを害する内容
(10) 有害なプログラム内容
(11) わいせつな表現などを含む不適切な内容
(12) 市内外の様々な交流と関係づくりを図る当センターにおいて運営上不適切と判断した内容
(ア) 同じ立場の他者に対する一方的な予断に基づく記述
(イ) 異なる立場に対する一方的な予断に基づく記述
(ウ) その他、当センターのあり方に相容れない記述
(13)上記1から12の内容を含んだホームページ等へのリンク

遵守事項
第19条
運用にあたっては法令及びこの要領を遵守します。この要領の改訂を行った際には当センターのフェイスブック、ホームページにおいてお知らせします。

その他
第20条
その他、この要領の実施について必要な詳細な事柄はセンター長が定めます。

付 則
この要領は、平成27年4月1日から施行します。この要領に改定が行われた際にはその日付を記録します。